二重査定制度は中古車を取扱う業者にとっては都合が良い制度

愛車をできるだけ有利に売却するため

愛車をできるだけ有利に売却するためには、買取を行っている業者に売ることが適切です。

さまざまな会社が車の買取査定の仕事を行っているので、あらかじめ買取金額の相場を確かめて、業者との話し合いを進めていくことが大事です。



会社によって買取額に違いがあるので、1社だけに査定をお願いするとお金を無駄にするでしょう。

車をちょっとでも、高く買い取りしてもらうコツは、いくつかの買取業者に車の査定を頼むことです。
ヒマがないからと言って、たった一つだけの業者にのみ車の査定をやってもらい、買取してもらうと自分の車が適当な価格で買い取ってもらえたのかということが全くもってわかりません。

少しだけ時間と手間をかけることで、買取価格にかなりの差が出てくることもあります。



古かったり、状態の悪い車の場合は、お金にならないこともあります。希少価値や需要が少なく、さらに10年以上経っているものや10万キロ以上走っているもの、自分好みに改造を施したもの、劣化が著しいもの、動かない事故車などに至っては値段をつけてもらえないことが多いようです。
買取業者によっては事故車や故障車に特化した業者がありますから、状態の悪い車の処分をお考えの方は専門に取り扱ってくれる業者に査定してもらうのがオススメです。暗いうちに車査定を受けるのが正解かと言いますと、そうだとは言い切れません。査定を夜に行えばそれだけ買取業者も慎重にならざるを得ませんから、むしろ査定価格が低くなることもあるのです。

仮に、夜間での査定が都合よく高い査定額が出たとしても、車についた傷や劣化が消えるわけではありませんから、判明したら最終的には、査定額は減ってしまいます。ですから、昼間に査定を受けることをおススメします。
車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。一旦は高めの査定金額を提示して買取の契約を結ばせ、あれやこれやと文句を付けて当初とは全く違う低い金額で買い取ろうとしてくるのです。
あまりに低額なので買取を断ろうとすると、もう車は手元にないなどと言いだし、運送料や保管料などの名目をでっち上げてお金を請求するという手口も確認されています。

また、その他の例としては、車の受け渡しを済ませたのに買取代金の振込がないという詐欺事例もあります。


車を買取、下取りに出す場合に、ガソリンの残量はどれくらいあればよいのか気にしている方もいます。しかし、結論からいうと、全然、気にしなくてよいことです。

車の査定、下取りで重大なのは、年式をはじめ、車種や走行距離、ボディカラーや車の状態です。
だから、基本的にガソリンの残りを気にすることはないといえます。車を買取に出す際には、印鑑証明の書類が必要です。
実印登録をしている市役所、あるいはその出先機関で2通の発行を受けなければなりません。

ここ最近だとコンビニでも発行できるところがありますし、証明書を自動発行できる機械も役所に設置してあります。


気を付けて頂きたいのは、証明書は一か月以内の発行でなければならないことです。以前に取得した証明書は使えないということです。中古車を売る際に必要となる事項を調べておきましょう。



買い取ってもらった金額のお金を振り込むための銀行口座と自動車検査証や印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)等を用意しておきましょう。


説明書やスペアキーもあれば査定金額が上がることもあると思います。